2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鮨・鮓・寿司の歴史と文化

1 :1:2007/01/23(火) 05:28:34 ID:W+MURWYl
なぜか異説・俗説も多いこの分野ですが、まったりといきましょう。

当面はわりと詳しい(らしい)1が質問にこたえます。


ルール:情報はソースを示すこと。

2 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/01/23(火) 05:50:11 ID:tduz9EZP
<丶`∀´>クックック


3 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/01/23(火) 16:35:08 ID:Ps5xuups
真面目に語れば良いスレになりそうだ

4 :1:2007/01/25(木) 03:43:52 ID:lyttF4Kr
やっぱレスつかないね・・・orz

5 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/01/27(土) 07:27:37 ID:EaH/zM77
たこ竹って、何時代替わりしたの?

6 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/01/27(土) 12:18:30 ID:34llG6CS
なれ鮨は東南アジアが起源らしいけど

7 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/01/27(土) 14:39:22 ID:1ci93Tsk
「起源」の意味がよく分からない。
昔からあった、ってだけで、伝来した訳ではない。
「魚介類と米の発酵」をもって寿司の原型とし、
東南アジアにそれがあるから「寿司の起源」は
どう考えても変だと思う。
古代東南アジア人が海を渡って当時の日本に来て
「寿司の起源」を伝来した訳ではないのだから。

8 :1:2007/01/28(日) 03:03:31 ID:nK29a00m
なれずしは東南アジア起源 というのはよくいわれますね。稲作文化と一緒に中国経由で
日本に伝わったとも言われます。

東南アジア山岳民族 篠田統氏(すしの本 など)
タイやミャンマーあたりの平野部 石毛直道氏(魚醤とナレズシの研究 など)

あたりが有名なとこのようです。

9 :1:2007/02/12(月) 01:54:05 ID:Ohbiq0Y+
あげときます

10 :1:2007/03/08(木) 04:31:22 ID:xBIZ6VEd
質問ない?

11 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/03/08(木) 10:10:28 ID:WYAFtb9y
鮨と寿司って何が違うんですか?

12 :1:2007/03/09(金) 01:27:19 ID:Cyq5V2PZ
>>11
現代の日本語としては、意味の違いは無いよ。

「鮨」は中国に古くからある文字で、「鮓」の字も同様に古い中国の字。「鮨」と「鮓」の違いは
字典によってあったりなかったりと曖昧で、いずれにしろ日本に入ってきた時点では特に違
いは無かっただろうと考えられている。「寿司」は江戸後期ごろ登場した「すし」という音に字
を当てたた当て字。

一般には「寿司」がよく使われるけど、たまに「鮨」の字が本来だとか、「鮓」の方が本格だと
か言う人がでてきたりして、結果、時代や地区で好まれる字があり、今じゃ関東で「鮨」、
関西では「鮓」が好まれているようだね。

13 :11:2007/03/10(土) 01:25:56 ID:npvTQxa7
ありがとうございます。
また質問なのですが
「えんがわ」
って、回転寿司にあって
カウンター系の店では置いてないようですが、
ひらめにしろカレイにしろ「えんがわ」って
しもじもの食べ物なのでしょうか?
カウンター系のすし屋に置いてない理由を教えてください。

14 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/03/11(日) 01:34:41 ID:cmZELUZI
>>13
少しは検索してみましょう。

15 :1:2007/03/24(土) 22:15:29 ID:BBGUA+H8
過疎ってるのでよそのスレから話題を拾ってきた。

【おすし】寿司なんでも質問スレッド
http://food8.2ch.net/test/read.cgi/sushi/1113082607/584

>携帯からなので全部みていません。
>凄く基本的な事なのですが寿司は何故二個一組でだされるのでしょうか?
>また「1カン」とはお寿司2個さすのでしょうか?回転寿司だと大抵「一皿」とかでてちますが
>よろしくお願いします。


この『「1カン」とはお寿司2個』ってのはいったいどこからきたものだろう?

16 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/03/24(土) 23:35:10 ID:xO5xv7Hy
>>15
江戸時代の屋台寿司は握りひとつで1カン。
でも、その1カンがでかく、半分に切った。
なので2個で1カン。
これ、ホント。

17 :1:2007/03/25(日) 00:12:51 ID:srAvQAnI
>>16
それって聞いたことのある説なんだけど、そんな記録は全く知らないし、根拠がいったい
どこにあるんだろうか?ってところが気になる。

18 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/03/25(日) 00:17:27 ID:srAvQAnI
追加
2つに切る店はあったみたいだけど、「めずらしい店」のはず。

19 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/03/25(日) 01:16:56 ID:Y0lFNxrj
1貫=3.75s
1つ1貫だと滅茶苦茶でかくないか?

20 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/03/31(土) 01:48:19 ID:13Cjex9K
Wikipediaの「寿司」って滅茶苦茶だね。

21 :1:2007/04/04(水) 02:32:27 ID:AL0NbgiT
またよそから拾ってきた

【寿司は値段が高すぎる】
http://food8.2ch.net/test/read.cgi/sushi/1103301832/154
>いつ誰が、高い値段の取れる食い物にしたんだろうな。
>立ち食いのファーストフードからの出世物語を知りたい。

結論から言うと、握りずしは江戸時代末期、成立した直後から高級品でもあり、
ファストフードでもありました。今の高級店から安価な回転すし屋が共存している
構図と似たようなもの。

握りずしを創案したのは「与兵衛鮨」という説と「松が鮓」だという説が有名だが、
この2店ともが高級店。「松が鮓」が超高級店としてオープンして、「与兵衛鮨」が
追従して高級化したと思われる。「松が鮓」を詠んだ川柳に

松ケ鮓 一分ぺろりと 猫がくひ

猫とは吉原の遊女のことだろうが、一分もするすしをペロリと平らげられてしまったと。
また、五寸の二段重で3両もしたともある。【甲子夜話/松浦静山】

江戸末期の風俗誌【守貞謾稿】から江戸市中の握りずしの値段を拾ってみると、1つ
4文〜60文。贅沢を禁じた天保の改革では多数のすし屋が処罰され、その後しばらくの
間は1つ4文、8文とある。当時はかけ蕎麦が二八の16文。すしは今の倍くらいの大きさで、
5、6個程度で1人前。安いすしを5つ6つつまむと、かけ蕎麦の倍くらいになる。

貨幣価値は換算方法によるけど、1両=4分≒8万円 1文≒15円くらいでどうだろう。

22 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/04/05(木) 00:51:04 ID:jpB1Unzg
1貫4文≒60円ということは回転寿司より安い!

23 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/04/05(木) 01:37:40 ID:aSJaHXER
二段重で3両≒24万円ということは久兵衛より全然高い!

24 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/04/05(木) 08:31:06 ID:ANFtj4+X
>二段重で3両≒24万円

嘘くせぇな

25 :1:2007/04/20(金) 13:31:38 ID:LXkob0W6
ネタ無いねぇ age

26 :1:2007/05/08(火) 12:29:31 ID:cXNhCDCC
保守age

質問あったらどぞ

27 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/07/24(火) 08:30:37 ID:jxf15JA8
テレビで某外タレが大阪寿司を食べ「コレハスシデハアリマセン。」と言っていた。

28 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/07/28(土) 03:12:36 ID:nYNCTO9q
>>27
その某さんに、フナズシを食わせてみたいもんだ。

29 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/08/18(土) 09:54:06 ID:EXmF7R/q
新潟の魚沼ではホッケ寿司が冬の保存食。
ま、タンパク源でもあったんだろうな。

30 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/08/23(木) 01:51:39 ID:xT7Qbjwf
>>29
新潟でホッケずしなら麹と野菜の入るイズシ系のすしかな。

31 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/08/23(木) 20:33:25 ID:LrmAYLuU
本物そっくりの寿司サンプル玩具で麻雀風ゲーム
http://news.ameba.jp/economy/

32 :元849 ◆N2.0gtQIbQ :2007/08/26(日) 20:11:42 ID:J0CbbSPB
>>30
蕪寿司の様なものですか。
ただし、ホッケ寿司の場合、野菜無しの麹とホッケだけの物もある様です。
この場合、ある程度の保存は利く様ですが、調理の一種と考えても良いかもしれませんね。

33 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/08/27(月) 21:18:30 ID:lDRJOjRd
北海道寿司情報「寿司職人」には、江戸時代の寿司を再現したものが
作り方と一緒に載ってるよ。たしかに、かなり大きい握りのようだ。

「寿司職人」
http://www.g-linknet.co.jp/~sushi/menu.htm

34 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/08/27(月) 21:20:56 ID:lDRJOjRd
上記より「寿司の豆知識」→「北海道の寿司の歴史」ね。

引用

シャリ自体の味が重要で、すし飯には甘辛く煮た椎茸や干瓢を刻んだものや、
海苔を加えたりしていました。またすし酢には、臭いのきつい柏酢が多く使われていました。
当時のお寿司は、一口では食べきれないほど大きな寿司でした。4個も食べれば
満腹になるくらいで、普通は2、3個をつまむ程度だったと言います。
この時代には冷凍・冷蔵といった保存の技術がまだなかったため生のまま使うネタはなく、
酢や醤油に漬けたり、塩を利かせたりと必ずネタに手をかけていました。
当時のネタの数はだいたい10種類以内だったようです。


35 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/09/04(火) 11:06:39 ID:mH953XNs
上げ

36 :電波王 ◆DD..3DyuKs :2007/12/01(土) 04:59:58 ID:NPfgFNR4
おすし

37 :1:2007/12/11(火) 03:13:48 ID:LCYf7ZsM
ミシュラン東京において、すきやばし次郎、鮨 水谷の両店が三ツ星獲得をはじめ、
150軒中15軒ものすし屋が星を獲得。すしの歴史に新たな足跡を残した。○○さんも
××さんもおめでとう。行ったことの無い店どころか、実は名前も知らなかった店も
あって、これには少々驚いてしまった。

しかしながら、江戸前ずしという食べ物が、江戸前すし屋という形態が伝統あるミシュ
ランガイドの三ツ星に、肩を並べていいものかと疑問が残るところ。一方、世界的にも
ブームとなっているすしの頂点であるなら、たとえ海外からでも「そのために旅行する
価値がある卓越した料理」であることには違いない。相殺されてプラスマイナスゼロと
いうところか・・・。

38 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2007/12/11(火) 03:45:37 ID:GHuwI0HS
終わってる寿司屋
錦糸町花壇街の公園の前にあるたけなんたらって店。

39 :元849 ◆N2.0gtQIbQ :2008/03/16(日) 21:47:14 ID:RsV7Xfk4
包丁一つで切り身の味が変わる事を知る彼の国に評価された事は
喜ぶべき事ですよね。

ただ、確かにおっしゃる通り、
旅行に主眼を置いている為、
いわゆる「日本情緒を楽しむ」的な要素が
評価材料に入っている感は否めない気がします。
出来れば、「日本”文化”を楽しむ」形で紹介された方が良かったのかもしれません。

40 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2008/07/28(月) 02:23:18 ID:Z2wv4rR3
浮上

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)